iPhoneでWebページを閲覧しよう

iPhoneを使用したWebページ閲覧について

携帯電話でインターネットを閲覧する
という事は、一昔前までは決して有効な行動ではありませんでした。

パケット代がかなりかかってしまいますし、携帯用のホームページや
サイトも少なかったので綺麗に表示されず、閲覧にも時間がかかっていたからです。

しかし、現在においては携帯で見る事を前提としたサイトも増えてきており、
PCと携帯の両方で閲覧可能なホームページがほとんどというようになってきています。

さらに、近年はそういった配慮をしていないサイトであっても、
特に不自由なく閲覧できるようになりました。

その代表的な例が、iPhoneの目玉であるブラウザ「Safari」です。

iPhoneの「Safari」でWebページを
見る場合、まずホーム画面の「Safari」をタップします。

電話、メールのアイコンと並んでいるので、かなりわかりやすいですね。

タップすると今度はブックマークに飛ぶので、
そこから自分が利用したいポータルサイト等へ向かいます。

「履歴」、「Yahoo!」、「Google」などがありますが、
たとえば「Yahoo!」を利用するとしましょう。

すると、次は「Yahoo!」内の様々なコンテンツのアイコンが表示されます。

また、下部にはニュースが表示されているので、
そこをタップすると、そのニュースの詳細記事が閲覧できます。

基本的には、インターネットを
パソコンで見るのとほとんど変わらない感覚で見ることが可能です。

ただ、どうしても画面が小さいので、
文字をどう表示するかという点が重要となってきます。

その場合、拡大したいならば、その箇所をダブルタップすることで
それが可能となっているので、覚えておくと便利です。

[an error occurred while processing this directive]


※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じた
 いかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。

copyright© iPhone対応 FX All Rights Reserverd.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。